安全・安心への取組み

検査結果を報告する意味
私たちのふるさと福島県、うつくしい自然とおいしい山の幸、海の幸に恵まれた福島県は、自慢のおいしい農産物で皆様に愛されてきましたが、
残念ながら昨年起きた東京電力福島第一原子力発電所の爆発事故による放射能汚染により豊かな緑の大地は汚されてしまいました。
一時は、廃業も考えましたが、汚染が比較的軽妙(異論もあると思いますが)であったこと、土壌とセシウムの吸着が強く吸収しづらいこと、
たくさんのお客様からの応援や支援、自分はやっぱり「りんご」を作り続けたいことなどから、これからも「りんご」を作り続けることになりました。

食べたくないお客様に無理に食べてもらうことは無理だと承知しておりますが、食べてくれる、応援してくれるお客様には少しでも安心してもらいたい、
自分でも自信をもってお勧めしたい、知識の豊かなお客様には、詳細をお知らせしたうえで判断していただきたいということで詳しい検査結果をお知らせいたします。

今年は、信用を最重要事項と考え、市民の側から検査をしていただこうと「市民放射能測定所」に検査を依頼することにしました。
市民の皆様にも知識の量に差があるため、誤解を招かぬように検査も2段階でお知らせすることにしました。
通常小売店で表示されるレベルの検査とさらに詳しく知りたいお客さの希望に添えるレベルの2段階で表示いたします。
普段の販売では通常小売店レベル、詳しい情報を知りたいお客様には、ホームページや資料でお知らせしたいと考えています。
 


検査機関のご紹介
 

検査機関名:NPO法人ふくしま30年プロジェクト

TEL:024-573-5697
FAX:024-573-5698

住所
〒960-0112
福島市南矢野目字夜梨4-1
「CHANNEL SQUARE」内

 

検査結果の履歴
こちらで、検査結果の履歴が参照できます